喜ばれるギフト

ベビーギフトを贈る時のマナー

ベビーギフトは出産を祝うとともに、母親を労わるために贈るものです
よってその場に適したマナーがあります
まずベビーギフトを贈るのを急がないことです
出産後の母親はこれからの子育てのために体力を養わないといけないので、すぐに病院に行って大騒ぎするのはマナー違反です
出産の報告を受けたら電話やメールでお祝いの言葉を伝えるだけにします
そしてお祝いに駆けつけるのは、母親と赤ちゃんの体調が整い始める生後1ヶ月くらいです
ただし赤ちゃんは免疫力が低いので、風邪を引いていると感染症の恐れがあるので、時期を延期します
もしベビーギフトを贈るタイミングを逃した場合は、出産後1年以上が経過していれば、誕生日祝いとしてプレゼントするのが自然です
第2子の誕生であっても、第1子の時のように付き合いの仕方は変えない方が良いです
2人目以降だと洋服などのベビー用品をたくさん持っている可能性が高いです
よって消耗品や滅多に手に入らないものを贈ります
紙おむつやお尻拭き、ミルクなどがありますが、紙おむつはこれから赤ちゃんは大きくなるのでSサイズ以上を選びます
性別が異なる場合は洋服が最も喜ばれ、上の子にもプレゼントを持っていくと心配りに感謝されます

ギフトする際の注意

ベビーギフトに贈りたいバスタオル

ベビーギフトに何を贈るか迷うものですが、バスタオルはいかがでしょうか? バスタオルといってもいろいろありますが、まずすぐに使えるものとしては片面、もしくは両面がガーゼ生地になっているものがあります
新生児から使えますし、毎日洗ってもすぐに乾くので非常に使いやすいです
また、すでに持っていたとしても毎日洗濯しているとすぐにボロボロになってしまうので、たくさんあって困るものではありません
選ぶ際には可愛い柄で選ぶのも良いですが、新生児のうちは素材に気を遣う方も多いので、日本製のものや有名なブランドのものなどが喜ばれるでしょう
その他、すぐに使うものではなく、少し大きくなってから使うバスタオルをベビーギフトとして贈るのも良いでしょう
少し大きくなって動き回るようになってくると、フードがついていて羽織れる形のものがおすすめです
逃げていってしまっても頭にかぶせておけば寒くないですし、そのままさっと拭いてあげることができます
この形のものはさまざまなブランドから発売されていますので、自分では買わないような少し高価なものを贈りましょう
また、少し変わったものでは、バスタオルに目盛りがついていて身長の測れるものもあります
成長がわかるのでお風呂に入れるのが楽しくなりますね

注目サイト

小宮生也についての紹介サイト

スカイグループの小宮生也